TOP > 太陽光発電

太陽光発電システム

日射しの少ない時や日射しがない時は発電できないので不足した電力は電気会社から購入します。

太陽発電システムには蓄電機能がないため、夜間使用することは出来ません。

発電しない夜間などの電気料金が安くなるプランに申し込むとさらに電気代が抑えられます。

CO2が現在の地球温暖化の原因となっています。

システムの仕組み
経済性試算
固定買取制度

経済産業省は、2009年8月31日に「太陽光発電の新たな買取制度」として、日本版固定買取制度の開始を正式に発表しました。
これにより、2009年11月1日より2倍買取が開始されました。

この制度は、「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(エネルギー供給高度化法)」で定められた内容で行われますので、政権交代の有無に関わらず実施されます。

※算定数値は、売電単価及び実施期間等の諸条件によって影響がありますのでご了承ください。
※売電できる電力はそれぞれのライフスタイルや節約により変わります。
※実際の光熱費は季節、生活様式の変化やエネルギー価格改定等により変動するため、算出結果は参考値であり、導入後の光熱費を保証するものではありません。
※初期費用および機器本体の買換費用は考慮していません。実際の光熱費は地域・機器効率・使用状況によって異なります。
※使った電気代と売った電気代は別々に計算されます。
※電気は貯めておくことができないため、夜間の電気には使えません。
※初期投資には、補助員補助金申請の条件であります1kw当たり70万円以下の費用がかかります。

補助金

太陽光発電の導入には国の補助金制度がご利用いただけます。
※一部の地方自治体においても、補助金制度がご利用いただけます。

太陽光協会

環境にやさしい
お申し込み

※完成までの流れ。

TOP

Copyright (c) 2010 heiwadenkyou All rights reserved.